ゲームとかゲームとかゲームとか シナリオII

アクセスカウンタ

zoom RSS 連射基板

<<   作成日時 : 2014/12/22 00:22   >>

トラックバック 0 / コメント 0

sshin(HIN)さんからJAMMAコネクタ型の連射基板をお借りしましたので、まずは簡単にレポを。

画像


シグマ電子かどこかで同じような連射基板を出してたと思うけど、この基板の特徴としては
いかのようになる。

・6ボタン対応
・ボタン再配列対応(4パタンまで記憶可)
・連射速度は 12/15/20/30およびその裏連射
・CSync Cleaner搭載

6ボタンについてはCPS1と同じ配列のVHコネクタがついておりそれに接続。
また、JAMMAの4,5ボタンとキックハーネスが同時に配線されると不具合を
起こす(瞬獄殺、ダークネスイリュージョン系の技が出ない)CPS2の為に
片方を切り離すことも可能。

ボタンの配列は初期配列が4通り、後から切り替えも可能。
1. 普通の6ボタン設定
2. 2ボタンのゲームでCボタン以降を連射速度を変えたAの連射に割り当て
 → ImageFightや古めのボムシューに便利
3. 3ボタンのゲームで下段をおのおの上段の連射に
 → グラディウスとかに便利
4. 4ボタンのゲームで、AB、CDの2つ同時押しが大パンチ、キックになるタイプ
 → 餓狼とか

ただこれらは初期設定なので、電源投入中にいつでも置き換え可能とのこと。
やり方も簡単で、1ボタンずつ入力するボタンを7セグLEDの下の左右キーで
選択し、表示されている番号のボタンをどのボタンに割り振るか、連射速度を
どうするかSPEEDとOUTPUTのところのボタンを押して選択するだけ。
7セグの番号をAより下かFより上に回して消灯させると記録。

たとえば以下の状態なら、Cボタンを押しても基板側にはAボタンを押したと
信号が伝わっている。
画像

さらに下のようにすると、Cボタンを押すとA/Bボタンを同時に押したと言うことになる。
画像

このように押されるボタンはLEDで表示されるので、簡単に確認可能。

ひとまず概要について。
連射機能とCSync-Cleanerについては次回で…

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
連射基板 ゲームとかゲームとかゲームとか シナリオII/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる